実際の体験談をご紹介

アパートの更新料でカードローンを利用しました。(女性/20代)

女性/20代

私は現在、中小企業で経理事務をしている25歳のOLです。

就職を機に上京して、都内で一人暮らしをしています。
中小企業の事務なので給料はかなり安く、毎月の食費や生活費、家賃を払うので精一杯です。

その中でもコツコツと貯金はしていましたが、
住んでいたアパートが二年目に入り、更新する時期になったのです。

都内のアパートなので家賃が高く、その分更新料も高めです。

貯金していた分ではとても足りなかったので、アパートのオーナーに交渉してみたのですが、
オーナーもギリギリの家賃収入でやっているとのことで、こちらが逆に説得されてしまいました。

引越しをしても良かったのですが、会社から近くて周囲の環境も良く、
スーパーや病院なども歩いて行ける距離にあり、住み心地はとても良かったです。

なので、わざわざ引越しをして不便になることもないと思い、住み続けることに決めました。

しかし、ここで困ってしまったのが更新料の支払いです。
少ない給料の中からやりくりするにも限度があり、どうしようかと困っていた時、カードローンの広告を目にしました。

今までカードローンは使ったことがなかったのですが、
職場の人など周りに聞いてみたところ、意外と利用している人は多かったです。

なお、即日融資をしてくれるところもあり、きちんと返済計画を立てれば何も問題はないと判断しました。

私の場合はすぐにお金が必要で、審査にあまり時間をかけたくなかったのでプロミスに申し込みました。
難しい手続きは特になく、すぐにお金を借りることができて安心しました。

返済も早めに終わったので、これからも困ったときはカードローンを活用したいと思います。

数あるカードローンの中でも、融資スピードが早くて口コミ評価の高い会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    郵送物&来店なしで契約可、30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要

  2. SMBCモビット

    WEB完結なら電話での在籍確認なしで郵送物カット、来店不要なので家族や職場にもバレにくい

  3. アコム

    土日祝日でも即日融資、電子交付なら郵送物なし、30日間無利息でクレジット機能を付けられる

その他の体験談

即日融資って本当にできるの?即日融資を成功させる方法

急な出費で困った時やどうしてもお金が足りない時など、今すぐお金を借りられたらと思う人も多いでしょう。

そんな時に便利な即日融資はどのような業者が対応しており、どのような方法で申し込みを行うのかを解説します。

急にお金が必要になった時でも慌てないよう、即日融資について知っておきましょう。

即日融資のカードローンはこう選べ

今日中にお金を借りたいという人に便利な即日融資は、どのカードローンでもできるわけではありません。

これまでは銀行カードローンでも即日融資は可能でしたが、2017年9月に銀行カードローンにおいて
即日融資の停止が正式に発表され、2018年1月には銀行カードローンの即日融資は完全にできなくなりました。

また、消費者金融においても一部の業者のみが即日融資に対応している状態です。

そのため、まずは即日融資に対応しているカードローンを選ぶところから始めましょう。
即日融資に対応している業者の多くは、プロミスSMBCモビットなどの大手消費者金融です。

申し込みの曜日や時間帯によっては即日融資ができない場合もありますが、
ほぼ申し込みから1時間半程度で融資をしてくれます。

しかしながら、カードローン業者のホームページなどで見かける「最短即日」という表記には、気をつけなければいけません。
というのも、「最短即日」は申し込み日に融資が受けられるという意味で、使われていないことがあるのです。

もちろん、審査回答は最短で即日ですので、即日に契約を完了することはできます。

ただ、即日にお金が手に入るわけでありませんので、紛らわしい表記に惑わされてしまわないように注意しましょう。

用意しておくとスピードアップ!必要な書類はコレ

どうしてもすぐにお金を借りたいという場合には、必要な書類をあらかじめ揃えておくのがおすすめです。

というのも、カードローンを利用する際には返済能力があるかどうかの審査を受けますので、本人確認書の提出が求められます。

本人確認書を提出するタイミングは業者によって違いがあり、
契約時に必要な場合や申し込み時に提出しなければいけないケースが多くみられます。

書類の提出が遅れれば遅れるだけ、審査に時間がかかってしまいますので、
申し込みの段階で手元に用意しておくとスムーズに契約が完了します。

本人確認ができる書類には運転免許証やパスポート、マイナンバーカードや健康保険証があります。

この中でも運転免許証があれば、簡単に本人確認が完了するでしょう。
それと同様に、パスポートでも簡単に本人確認が可能です。

ただ、健康保険証など顔写真のついていないものを本人確認の書類として提出する場合には、
住民票の提出も求められることがあります。

借入金額によって必要な書類が増えることも

即日融資の申し込みでは、借入金額によって必要な書類が増えることもありますので注意が必要です。

というのも、即日融資に対応している消費者金融は貸金業法に基づいて運営をしています。

貸金業法では申込者の年収を書面で確認していますので、
融資希望額が大きい場合には収入証明書が必要となることがあるのです。

また、借入限度額が50万円を超える場合にも収入証明書の提出が必要で、他社からの残債があり、
今回の借入で借入限度の合計が100万円を超える場合にも、収入証明書の提出が求められます。

その他にも、勤続年数が3カ月未満などの場合には、返済能力があるかを確認する目的で収入証明書の提出が必要とされます。

収入証明書の提出は申し込み手続きが完了した後、業者からの連絡時に知らされるケースが多くみられます。
もし、インターネットから契約した場合には、スマホなどのカメラで撮影した画像を送信すれば簡単に提出が可能です。

ただ、店舗で本審査を受ける場合には原本が必要ですので、忘れずに持参しましょう。

審査や融資にかかる時間はどのくらい?

即日融資が可能な消費者金融に申し込むと、その日のうちに審査回答が得られることが多いです。

最短で10~15分程度で審査回答がありますが、混雑具合によっては30分~数時間かかることもあります。

ただ、契約完了の手続きは当日の14時までに行う必要があり、申し込み日が金曜日の場合には、
振込の実行日が月曜日になることが多いので注意が必要です。

もし、少しでも早く融資を受けたいと考えているのであれば、銀行口座への振込で融資を受けるのがいいでしょう。

この方法ではインターネットで申し込みを行い、審査回答が得られたらWEB上で契約の手続きを行います。

指定口座へ振込融資を依頼すると、キャッシング業者から振り込まれる仕組みですので、
非常にスピーディーに融資が受けられます。

また、スマホなどから24時間申し込みができるため、職場や出先からでも申し込みが可能で非常に便利です。

即日融資を目指すなら、スマホアプリが便利

即日融資を希望しているのであれば、スマホアプリに対応しているカードローンがおすすめです。

これは現在、プロミスSMBCモビットの2社のみが行っているサービスで、
利用するとこれまで即日融資にあったマイナス点が一気に解消されます。

というのも、これまでは平日の14時以降に申し込みたいと思った場合には、来店してカードローンを発行する必要がありました。

しかし、アプリからの融資を利用することで、来店することなく14時以降や土日でも即日の融資が可能なのです。
急にお金が必要になった人にとって非常に便利なサービスであり、来店する手間も省けると人気があります。

スマホアプリの利用方法は簡単で、インターネットからカードローンの申し込みを行い、
審査の回答を得たらWEB上で契約を完了させます。

その後、手持ちのスマホにアプリをダウンロードし、コンビニのATMで引き出しを行います。

即日融資なら、銀行よりも消費者金融のキャッシングを選ぼう

現在、銀行カードローンでは即日融資ができませんので、即日融資を希望する場合には、
プロミスSMBCモビットアコムなど大手消費者金融のキャッシングを利用しましょう。

そして、アプリを利用するとスピーディーにお金を借りることができます。

急にお金が必要になった場合には、即日融資のカードローンを活用するのがおすすめです。